基礎講座

アイアンクラブの基礎講座 - Iron

最適なクラブ選びの一助になるよう、クラブ基本用語をご紹介させていただきます。

各部の主な名称と測定方法

重心高さ

クラブヘッドの重心の位置。アイアンは重心が低いほどボールが上がりやすく、スピンがかかりやすくなります。逆に重心が高いほど打ち出し高さは低くなり、スピンがかかりにくくなります。

重心深度

フェース面からヘッド重心までの深さ。一般的には深いほどスイートエリアが広くなります。またヘッドの縦方向の慣性モーメントが大きくなるため、インパクトロフトが安定し、ボールが上がりやすくなります。

重心アングル

シャフト中心線の延長と、ヘッド重心との間にできる角度。数値が大きいほどインパクトでフェースが返りやすいため、ボールを掴まえやすくなります。

重心距離

ヘッドの重心からシャフトの中心線までの垂線距離。短いものはフェースが返りやすく、操作性に富みます。長いものはリストワークが使いづらいですが、スイング軌道は安定しやすく、スピン量が増えるためボールは上がりやすく、かつ止まりやすくなります。


TOP OF PAGE