基礎講座

ウッドクラブの基礎講座 - Wood

最適なクラブ選びの一助になるよう、シャフト基本用語をご紹介させていただきます。

各部の主な名称と測定方法

重量

シャフト単体での重量。 シャフト重量はスイングのテンポ、バックスイングの大きさ、コックをほどくタイミング等に影響を与える。重い重量はバックスイングが遅くなりやすく、軽い重量はバックスイングが速くなりやすい。

トルク

コレットチャック方式でシャフトの一定区間をチャックし、一端に1ポンドX1フィートのねじり荷重をかけて、そのねじれ角を測定した物。 トルクはスイング軌道に影響があり、小さめのトルクは直線的でコンパクトなスイングをする人に向き、大きめのトルクはゆっくり大きなスイングをする人に向く。


キックポイント

シャフトの両端を自由固定し、一端から圧縮しシャフト軸から約50mm曲げて、その最大曲がり点を測定したポイント。 キックポイント(%)=曲がり点から先端までの長さ/シャフトの長さX100 キックポイントはボールの方向性や、弾道の高さに影響を与える。先調子は、ボールがつかまり上がりやすく、元調子はボールが低くなりやすい。

バランスポイント

シャフト自体の重心。 スイングのテンポ、バックスイングの大きさに影響を与える。バランスポイントが先端側にあるほどコックをほどきやすく、手元側にあるほどコックをほどきづらい性質を持つ。


TOP OF PAGE