SYBツアー情報


2006年前半バックナンバーはこちら
2006年後半バックナンバーはこちら
2007年前半バックナンバーはこちら

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.37@ファイナルクオリファイイングトーナメント
セントラルゴルフクラブ
(茨城県行方市)

11月26日 晴れ・15度 11月27日 くもり・10度

ファイナルクオリファイングトーナメント(以下QT)とは今期賞金シードが取れなかった選手とファーストQT・セカンドQT・サードQTと勝ち残ってきた選手が来シーズンの出場権をかけて6日間行われる。

約200名の選手が出場し上位程来シーズンの前半戦に出場できる。

そこでクラブを変える選手も殆んど居ないがファイナルQTに出場できるとレギュラーもしくはチャレンジツアーはほぼ出場が可能なので来シーズン用に作る(テストする)選手が多い。
ありがたいことに今年のファイナルは使用選手が結構多い(嬉)

F.Nプロが練習場へ
「Toku〜Fwには全く問題が無い!(笑)」と一言

H.Tプロが練習場へ
「シーズン前半はクラブが合わなくて辛かったけどTokuちゃんに相談して重心距離の流れ・シャフト重量の流れを合わせたら良くなったよ!お陰でまたファイナルまで来れたよ!」と嬉しいお言葉。

S.Hプロの紹介でU.YプロにFC-614を作って送ることに。

キャロウエイさんから「K.Tプロ用でCP02(X)欲しい。」との事。シャフトをバスへ。

ファイナルQT使用選手

N.Aプロ
FC-614 #3・#5+TourAD PT-8(X)
K.Mプロ
ロイヤルコレクション#3・5+CP Fw用プロト(X1)
K.Tプロ
テーラメイドr7 425+CP02(X)
S.Hプロ
FC-614 #3・#5 + ディアナマS73/83(X)
I.Sプロ
FC-614 #3・#5CP02/CP Fw用プロト(X2)
MC-700 #3 + DMG-X100
T.Sプロ
スリクソン ZsteelU#3 + CP02(X)
F.Nプロ
FC-614 #3・#5 + Zcom MW74(X)/BW95(X)
S.Eプロ
FC-614 #3 + ランバックス 8Z08(X)
M.Tプロ
FC-614 #3 + TourAD P9003(X)
E.Fプロ
FC-614 #3 + TourAD PT-8(X)
H.Tプロ
FC-614 #3 + ランバックスプロトタイプ(X)
H.Mプロ
FC-614 #3 + ブルーG7.0(X)
K.Kプロ
EZ PIARM 20 + NS1050GH(X)
H.Tプロ
EZ PIARM 20・23 + DGM-X100

みんな頑張って!!(^^)!

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.36@カシオワールドオープンゴルフトーナメント
Kochi黒潮カントリークラブ
(高知県芸西村)

11月20日(火) 晴れ 17度

今期のトーナメントも今回のカシオワールドオープンが最終戦!(出場者が限られている日本シリーズは除く)
賞金王・シード権争いも最後まで分からない

 

朝7時過ぎにコースへ到着。
朝は南国高知でもかなりの寒さ・・・
流石にこの時期にクラブが動くことは無く殆んど年末のご挨拶がメインとなりそう。

S.Eプロがやって来た。Sプロは現在賞金ランク77位(今期のシードラインは規定試合数に満たない選手を省いた75位まで)で最終戦を向かえている。
「3w(FC-614+ランバックス8Z08)は凄く良いですよ!かなり気に入ってます!5w(FC-614+TXディスタンス)はチョット飛距離が出過ぎる感じが・・・もう少し試してみてから投入します。今週シード決めたいですね!」との事。

VISAでドライバーのシャフトをCP02(X)に変えたO.Rプロが「ドライバー飛んでますよ!」と豪打復活の様子。
シャフトを変えた後の2試合(VISA・フェニックス)とそれ以前の試合のドライビングディスタンス順位が全然違う(嬉)

M.Nプロもドライバーが飛んでいる様子。
「やっぱりシャフトはCP02が一番だな!」との事。

M.Rプロが練習していた。練習をしていたのはBSオープンの時に渡したFC-614+TourAD PT-7(X)。「これBSからずっと使ってますよ!飛び方が良いですよね!球は上がるし強い。気に入ってます。5wも作ってもらって良いですか?」と5wの追加オーダー。シャフトはTourAD PT-8(X)

E.FプロもBSオープンで渡したFC-614+TourAD PT-8(X)をそのまま使用していた。
「この3wは吹け上がりが無いので安心して打てますよ!飛びますよね!!」との事。



日が沈み気温が下がって今日の練習場での仕事は終了。
5時ごろになると何処からとも無くカラスの大群がコース上へやってくる???

11月21日(水) 晴れ 16度

今日も朝から寒い(>_<)
プロアマの為7時過ぎにコースへ到着。
天気が良いので日が射せば少しは暖かいのだが・・・山に囲まれてる為、練習場に日が射すのはもう少し時間が掛かりそう。

 

プロアマがスタートし暫く暇な時間が・・・コースの方へ行って見ると
コース側は既に日差しがあって海も綺麗。
クラブハウスからの太平洋の眺めは最高!



10時を過ぎて練習場へ戻るとOプロが練習をしていた。
ドライバーを打っていのだがアゲンストの中250yの旗の遥か先へ300y以上は飛んでいる様子(驚)
昨日と今日のプロアマ組を見た中で一番の飛距離かも・・・

住友VISA太平洋マスターズで4位に入りシードを決めたC.Cプロ。引き続き好調の様子。
「FwはGoodだよ!」との事。

日も暮れてきたので今年お世話になった選手に今年最後のご挨拶をして業務は終了。

来週は来期のトーナメントの出場権を掛けたファイナルQT(茨城県セントラルGC)です。

P.S この試合でO.Rプロが見事4日間のドライビングディスタンス1位を獲得!
C.Cプロも優勝争いの末2位

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.35@三井住友VISA太平洋マスターズ
太平洋クラブ御殿場コース
(静岡県御殿場市)

11月6日(火) 曇り 16度

今日の天気は1日雨予報。
7時半頃コースへ到着。

 

今のところ雨の様子は無い。このまま降らなければ良いのだが・・・富士山もチョット見える程度。

今週は海外からの招待選手が来ており今まで以上に出場が厳しい。昨年の賞金シード65位(シード権は71位)までしか出られない様子。



M.Nプロが練習をしていた。「予選落ちだったけどABCでは久しぶりにドライビングディスタンスが300yを超えたよ!」とドライバーは調子が戻った様子。

I.Sプロに先週渡したFC-614+TourAD P9003(X)の様子を聞く。
「かなり良いよ!SYBは飛ぶよね!贅沢を言えばもう少しフェースが開いてると最高なんだけど・・・」との事。Iプロは昨年のシード69位なので今週の出場は微妙

H.Kプロに預かっていたFC-614+TourAD 9003(X)を再テスト依頼。
軽いドローでキャリーで250yオーバー(驚)
キャディーさんも「良いんじゃないですか!」
Hプロ「ドライバーみたいに飛んでいくね!練ランで試してくるよ!」とバックの中へ

ABCで契約先のクラブに変更したO.Kプロの練習を見ているとFwがFC-614に戻っていた。
「やっぱり試合で使うと様子が違ったんですよ・・・またSYBで頑張ります!」との事。

プロでも練習と試合では同じようにはいかない。
練習で良くて練ランで良くて試合で良くて更に優勝争いで良くないと継続して使える道具にはならないようだ。
プレッシャーの中ではプレーヤー本来のスイングが出てしまうのでそれに合わせたクラブが重要になる。
このレポートを読んで下さっている皆さんもクラブにスイングを合わせていませんか?

P社から「O.Rプロが以前使用していたCP02を最近のヘッドで試してみたい」とCP02のオーダー。早速シャフトをバスへ

S社からK.Kプロからのご指名でCP02のオーダーが。早速シャフトをバスへ

5時前、日も暮れて御殿場は急激な寒さが襲ってきた(>_<)
本日の練習場での仕事は終了!

11月7日(水) 曇り 17度

本日はプロアマ。 朝7時にコースへ到着。
今日は昨日よりも天気は良いのだが富士山は見えず・・・



今日のプロアマなんと組数40組(驚)
出場選手が今週は84名なので約半分の選手がプロアマに出場。
8時半の全ホールからのショットガンスタート
よって9時頃には練習場は誰もおらず・・・
フジサンケイ・サントリーとならんで芸能人も多く出場しギャラリーの方も結構な人数!



コースの状態を見に18番グリーン付近へ
恒例(?)の芸能人チェック(^^♪

今週の御殿場はABCよりも高速グリーン
ピンが手前に切ってあると奥に乗せたパットはグリーンを出る勢い(ToT)/~~~

そろそろプロアマに出場しない選手が練習にやってくる時間なので練習場へ戻る。

O.Rプロが昨日依頼のあったCP02のドライバーをテストしていた。
普通に打っても強く叩いても球筋は殆んど同じ
普段使っているドライバーは強く打つと球は左へ・・・
「シャフトの感じ良いですね!ただあまり強く打たない時には球が上がりきらないようなのでもう一本もう少しロフトの多いヘッドに入れてみたい。結構スピンが少ない球が打てますよね!」との事。

C.CプロもABCで渡したFC-614+TourAD M85(S)が良い様子。

Iプロ・T.Nプロのウエイティングの選手としばしの歓談。
Tプロから以前「長尺を試したいんだけどどんなセッティングが良いかな?」と相談を受けていて、
普段はMP460にTourADクアトロテック65(X)を使用しているのでシャフトは50g台で弾き感が強くXのフレックスのあるフジクラ社のスピーダー553を勧めた。
BT-160も打って貰ったのだがプロのヘッドスピードではチョット軟らかいようで上手く球が捕まらなかった。
今週その553の入った47インチのドライバーが出来てきたので試打を見ることに。

元々アウトサイドインの軌道で振るTプロはインパクトでロフトが減るので打ち出しが低く球はフェード。
47インチの長尺を振っても「違和感無く振れますね!」とTプロ。球はキャリーが少し伸びて異様な転がりを見せる。
「意外に飛んでないですか!?」と本人の想像以上に良い手ごたえのようだ。「コースで試してみないと何とも言えないけど感じは良いですよ!Kプロも47インチなので対抗して見ますか!」と結構お気に入りの様子。こちらとしても予想以上の結果にチョット安心。

40組もあるプロアマが終了したのは3時半過ぎ。
Mプロのキャディーさんが「今週は行けますよ!日曜日に応援に来てもらえるくらい良い調子になってます!」と頼もしいお言葉。予定空けておかなきゃ(^^♪

5時過ぎ暗くなり本日のお仕事も無事終了!
来週のダンロップフェニックスはお休み。
次回は最終戦のカシオワールドオープン(高知県高知黒潮CC)です。
賞金王争い&シード権争いも最終戦まで目が離せない

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.34@ABCチャンピオンシップ

ABCチャンピオンシップ
ABCゴルフ倶楽部(兵庫県加東市)
10月23日(火) 晴れ 22度

今年のツアーも残すところあと4試合(日本シリーズは除く)



今週から更に出場人数が少なくなる(今週は90名)
さすがに今週からはクラブの動きが少ないので使ってもらっている選手のフォローがメインかな

朝7時過ぎにコースへ到着。
さすがに日が昇るまでは気温が低く寒い・・・
早速練習場へ



先週依頼されたH.Kプロのシャフトが出来上がったので早速クルーズさんのバスで組み立る事に。ハーフターンでは渡せる予定。

U.Yプロにフジクラさんがシャフトテスト。ヘッドはFC-614#3プロト
Uプロは普段はキャロウエイ社のスチールヘッドVの3+を使用しているのでロフト的には問題が無いのだが・・・
明らかに614の方が球が高い!
Uプロも「これ悪くは無いけどえらい球が高いな!」との事。
614の方がスチールヘッドVよりのFPが大きい事が打ち出し角に影響している様だ。

今週はウエイティングのS.Eプロ。
予選会からのシードラインの選手にとって先週のブリヂストンオープン以降出場できる可能性のあるトーナメントは最終戦のカシオだけになる。
先週依頼された5番ウッドをテストしてもらう。シャフトはトゥルテンパー社TXディスタンス(X)
練習場では殆んどフルショットしないSプロ
5wも軽いフェードで220〜30Y。3wと飛距離を比較しながら差は20y位。
「これなら使えそうですよ!3wも良いけど5wも良いですね!コースで使って見ます。」とバックの中へ

同じくウエイティングのI.Tプロ
やはり5wを探しているようで「SYBの3wは持ってるけど5wってどうなん?今使ってる5w(ロイコレ)がだいぶ長く使ってるから他のを探してる」との事。
先週のEプロから戻ってきたTourAD PT-8(X)の入ったFC-614#5を打って貰う。

高弾道のフェードボール。スピン量は多くも無く少な過ぎず。
「おーこれ良いやん!球の飛び方も良いし5wのカーボンシャフトも悪くないね。ただライが悪いところでは打ち込みたいからこのヘッドのFPの大きさじゃ厳しいかも・・・ドライバーの延長で払って打つ人は良いだろうね。だから5w変えられないんだけどね。」とIプロ

HプロのFwが出来上がりHプロのハーフターンを9番グリーン脇で待つ。
今週のグリーンは凄く速いらしい。気温も徐々に上がり既に半袖だけで十分。湿度が少ないので日差しが痛い(+_+)
9番ホールを終えたHプロにFC-614#3プロト+TourAD9003(X)を渡す。
「おーやっと出来た!早速残りのハーフで試してくるね!」と10番へ

I.Sプロが練ラン途中に「TokuちゃんTourAD P9003の入った3wある?今使ってるPIN社G10の3wが左に行っちゃうのでSYBを試してみたい!」と電話が。丁度全日空の時にS.Eプロ用に作ったものがあるのでラウンド後にテストしてもらう事に。

M.Nプロが「新しいドライバー(BS社ツアーステージX−DRIVE445)にCP02(X)を入れたいけどある?」とBSさんのバスへシャフトを。明日には打てる予定。

C.Cプロに先週依頼されたFC-614#3・5+TourADM85(S)を渡す。
打っている感じは良い様子。「明日の練ランで試してくるよ!でも良いと思うよ!」とCプロ

ラウンドを終えたHプロが練習場へ戻ってきた。
「飛距離は最高!だけどもう少しフック目に入れられる?チョット捕まらない感じ。見た目に易しさが欲しいんだよね〜この間のMさんの良かったんだけどな〜」との事。明日までにフック目のヘッドにヘッド交換。

Iプロも練習場へ
早速P9003の入ったFC-614をテストしてもらう。
「こっちの方がG10よりも左にこなくて良いね!」と軽いドロー連発。明らかに球筋が安定している。G10の方は普通に打つと捕まってしまうのでスイングで調整しながら真っ直ぐ飛ばそうとするので安定度が・・・「今週はSYBで行くよ!後は明日コースで打って見て最終決定かな?」とグリップ交換をしてバックの中へ。

日も暮れて急激に寒くなり本日の仕事は終了!

10月24日(火) 晴れ 22度

本日も秋晴れ
プロアマの為今日も7時過ぎにコースへ

今日のプロアマは組数が少ない為プロアマ組が練習を終わった後、続々と練ラン組の選手が練習場へやって来た。

 

Mプロがやって来た。
昨日バスへシャフトを渡した新しいドライバーが出来上がったようだ。
一発目から真っ直ぐのナイスショット!
Mプロも「おーこれはやったんじゃない!」と感触は良い様子。
何発打っても殆んど同じところに球が飛ぶ。
「今まで少し大きいヘッドを使ってたけど小さい方が良いかも。振りやすいよね!振れる分飛距離も出てるし。今週はこれだな!」とヘッドカバーをエースに交換。今週のMプロのドライビングディスタンスに注目!

O.Kプロに契約先のSRIさんが3wを作ってテスト。何度か調整をして納得のいくものが出来た模様。(T_T)
昨年の東海からFC-614を使用して今年も良い結果が出ていただけにショックもありますが契約先のクラブに変わることは良いことです。

Hプロが昼過ぎにやって来た。
早速新しく組みなおした3wを渡す。
「おー簡単に捕まりそうな顔になったね!」と言いながらテスト。球筋はHプロの持ち球のドローボール。
「今日はもうラウンドしないから迷っても困るのでVISAまで持ってて貰って良い?」とお預かり。

結局今週はシード選手&推薦以外は予選会2位までしか出場権が降りず。日も暮れて本日の仕事も終了!

次回は1週空いて三井住友VISAマスターズ(静岡県太平洋C御殿場C)です

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.33@ブリヂストンオープン

ブリヂストンオープン
袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦C(千葉県千葉市)
10月16日(火) 曇りのち雨 18度

朝から気温が低くかなり寒い。朝7時過ぎにコースへ到着。



今日は4時から選手会にミーティングがある為選手の会場入りが早い。(先週の日本オープンに出場していない選手も多数いるので)
練ランのスタートが8時から9時半に集中している為練習場やサービスカーは朝から大混雑!

 

月曜の晩にM.Tプロから「どうしても球が捕まらないんだけどシャフト変えよっかな?」と電話があって練習場で数本テストする事に。
今期使用していたのがディアマナのDシリーズ(白)だったので全く逆のクアトロテック85(X)・CP01(X)をテストしてもらう。
「去年チャレンジツアーで良かったときはクアトロ使ってたんだよ!捕まり過ぎちゃうようになってからディアマナにしたんだよね。」との事。両シャフト共に捕まった良い感じのドロー。先週までの右に逃げる球が出ない。「う〜んこれだとチョット捕まり過ぎるかな。」とMプロ。
そこで中間のTourAD P9003(X)を打ってもらった。球は軽いドロー(ほぼ真っ直ぐ!)
「これが良いね!球も強いし。これグリップ変えてきてもらって良い?」とグリップ交換の依頼。

それを横で見ていたH.Kプロが「僕にも打たせて!」と一緒に練習しているMプロがHプロが普段使用している9003にした事に興味深々。
1発目からHプロの持ち球の軽いドロー。「おーこれ良いじゃん。M後にして俺に頂戴!」とかなりお気に入りの様子。来週までに作っておくことに。

先週取引先からE.HプロがFwに悩んでいるから相談に乗ってあげてと電話が
EプロにFC-614#3プロトをテストしてもらう。Eプロの悩みはFwが高く上がりすぎて球が前に行かないとの事。
FC-614は低重心設計の為、スピン量が少ないので悩んでいるEプロにはピッタリ。シャフトはTourAD PT-8(X)。
1発目中弾道の軽いドロー。
Eプロも思わず「これドライバーみたいな弾道ですね!これは良いかも。」と言って何球か打つ。吹き上がることなく問題は無さそう。「3wは採用決定です!5wも試してみて良いですか?」と5番を打つ。吹け上がりはしないが相当弾道が高い(驚)
「うーん・・・これは距離は別にしても高さが怖くて厳しいっす。」と5wは残念ながら採用ならず(無念)

S.Eプロから「3w最高なんですがもう少しロフト増やしたら駄目ですかね?もう少し楽に球が上がると使える幅が広がるんだけど」との要望が。
同じシャフトTourAD I-65TYPE-Uで作ろうとした矢先にフジクラ社のNEWシャフトのテストが。ヘッドはタイミングよくFC-614の15°。
「これ良いじゃないですか!!新しいの作らないでこれグリップ交換して使って良いですか?」と1発採用!フジクラさんグッドジョブです!!「来週で良いので5wもお願いします!」とSプロから追加オーダー

A.Tプロが練習をしていた。
Aプロは昨年からFC-614を使用してくれている。今週は出場は出来ないのだが家が近いこともあり練習に来たようだ。
「最近3w球が捕まらなくて他の使ってるんだけど全然飛ばなくて・・・なんか良い方法ないですか?」と少しお悩みの様子。実際に打っている姿を見せてもらうと少しインパクトで手元が浮いている様子。これでは球が捕まらないのも納得。
ドライバーにランバックス7X07(X)を装着しているので3wも同じく7X07にしてグリップ下に鉛を張る事に。こうする事でスイング中に手元が浮くことが押さえられるので貼って試してもらうことに。
1発目から捕まったナイスショット!インパクト付近で手元が安定し打ち出しも安定。「こんなことってあるんですか?」とAプロ目をパチクリ(@_@)
ドライバーにも貼って見ると「こんなに安定したショットは久しぶりです!これで予選会頑張ります!明日もゴルフなので楽しみになってきた!」との事。
隣で練習をしていてAプロとは仲の良いT.Tプロから「Toku〜良い仕事したんじゃない〜!」とお褒めの言葉(嬉)

東海でMC-700の#4のオーダーを貰って自宅に送ったI.Sプロが練習にやって来た。
「良い感じだよ!丁度狙ってた距離も出てるし。ただまだ少しシャフトの撓りが大きく感じる気もするけど・・・」との事。コースによってMC-700と普通の4番アイアンを使い分ける様子。

4時になり選手ミーティングをタイミングよく雨が降ってきたので本日の練習場での仕事は終了!

10月17日(水) 曇り時々晴れ 21度

ブリヂストンオープンは開催週にはプロアマが無い為、本日水曜日も練習日。 その為朝が早い(眠)。
あさ7時にコースへ到着。昨日よりは暖かい気が・・・

 

先週同様今週も水曜日は一般に公開されていて朝からギャラリーの方が一杯。

朝1番でN.Kプロから「この前(東海)で作ってもらった3番のシャフトをCP02に変えて貰えます?あと3番をもう1本と5wもお願い出来ます?」との事。3本をバスにてシャフト交換&組むことに。

C.Cプロが「今使っている物のSフレックスが試して見たい!」とFC-614#3・5+TourAD M85をフレックスダウンでリクエスト。来週までに作っておくことに。

S.Eプロが練習場へやって来た。「新しいスプーン完璧です!今週はこれで行きます!」との事。

T.Tプロにバランスを重くしたFC-614を打ってもらう。「これくらい重さが感じられれば良いね!SYBはやっぱり良いよな〜!」とあっさりバックの中へ

Eプロは昨日渡した614とロイコレ社のPRO TPを打ち比べていた。614の方が打ち出しはやや高め。(というか丁度良い高さ)

ブリヂストンオープン(今年のF1のタイヤは全てBS製)と言う事でF1マシンも展示されている。



夕方、Aプロが練習場へやって来た。鉛の効果を聞くと「凄く安定したショットが出るようになって最高に良かったですよ!5wもお願いします!」と5wのオーダー

5時過ぎ今日も選手の帰りが早い。今週の仕事は終了!来週はABCチャンピオンシップ(兵庫県ABCGC)です。

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.32@日本オープンゴルフ選手権競技

日本オープンゴルフ選手権競技
相模原ゴルフクラブ東コース
10月9日(火) 雨のち曇り 20度

日本オープンもツアー選手権同様に火曜日にプロアマが行われる。その為月曜日に既に練ランをしている選手が殆んど。
朝7時半にコースへ到着。小雨が降り気温も低い。

 

キャディーバックを持って練習場へ
日本オープンは各地区オープンの上位者や独自の予選会を行っているためシード選手でも出場が出来る選手が少なく顔ぶれが大きく異なる。

O.Kプロがプロアマのウエイティングの為練習場にやって来た。早速7番ウッドを渡す。
「東海で貰った7番ウッドを最終日に使ったんですよけど3日間ともボギーのホールでパーが取れたっす!」との事
新しく組んだ7番はシャフトをディアナマのD83(X)のTIPカット仕様。この方が球を抑えられる為丁度良さそう。
「おー今回の方が良いですね!高さの打ち分けが出来ますよ!」とOプロ。昨日の練ランのイメージで使う可能性のあるホールをキャディーさんと打ち合わせ。

コースの状況を聞くと「グリーンは硬いし砲台になっていてその土手の芝が短く刈ってあるので転げ落ちたら深いラフにスッポリって感じです。」とさすがメジャーセッティング!

M.Tプロにも東海で依頼されたFC-614の3番と5番を渡す。「3番は捕まりも良くなったし良いかも!5番は思ったよりロフトが見えるね。今週は5番は出番無いかも・・・」

T.Tプロが「MC-700の3番を前に貰って使ってて凄く良いんだけど2番も使いたい!シャフトのK's4001(X)も弾き感があって凄く良い」との事。「これって4番とかもあるの?」と聞かれてので「Pwまで有りますよ!全部行っちゃいますか?」と答える。
「取り合えず4番だけで良いけど・・・明日までに出来るかな?」と4番のオーダー

天気も悪く5時半頃には辺りは真っ暗。
明日も練習日なので本日の仕事も終了!

10月10日(水) 曇り 22度

練習ラウンドのスタートが7時からなので7時にコースへ到着

 

今日からギャラリーの方が入場できるとあって朝から結構なギャラリー数。写真もサインも気軽にOKなのでギャラリーの方には良かったかな?
練習場とホールを行き来すると「遼くんは何処にいますか?」とか「この組は誰?」とか結構聞かれるので遼くんの居場所は常に頭の中に(^^ゞ

S.Kプロがウエイティングで来ており練習していた。Sプロとは自分が大学時代からの知り合いでコンセプトに入社後もクラブで悩んだ時に相談の電話が有るほどだ。
「なんか3番アイアンの飛距離のクラブない?今使ってるユーティリティーでは5wくらい飛んじゃうんだよね〜」との事。EZ PIARMの23°ライフルプロジェクトXハイランチの(X)とEZ PIARM20°バサラプロトタイフ(X)を打ち比べてもらった。
23°の方は飛びすぎず上がりすぎでも無く特に弾道的な問題は無さそう。あとはプロが望んでいる距離が出ているかはコースで打ってみないと何とも言えない所。20°の方はシャフト重量が105g有るのだけれどもSプロにはチョット軽い感じ。球も思ったより捕まらない。
「23°はこれで問題が無いので20°を同じシャフトで作ってもらえる?」とオーダー&グリップ交換へ

Tプロのキャディーさんがクラブを取りに来た。
直ぐスタートのようでグリップをいつも使っている物と交換して欲しいと言われ直ぐにグリップ交換をしコースへ届けることに。
何とか1番ホールのセカンドで追いついてクラブを渡す。
コースは丁度250y〜300y付近が狭くなっていてそこだけラフも深い。それより手前か先はそんなにラフは深くないのだが・・・

今週はあまり仕事が無く(汗)本日の仕事終了!来週はブリヂストンオープン(千葉県袖ヶ浦CC)です。

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.31@コカコーラ東海クラシック

コカコーラ東海クラシック
三好カントリー倶楽部(愛知県三好町)
9月25日(火) 晴れ 31度

イベント名 コカコーラ東海クラシック
会場 三好カントリー倶楽部(愛知県三好町)

いよいよ男子ツアーも秋の陣。出場選手も少なくなりシードラインも気になる。秋と言っても今日の三好は残暑で気温31度(汗)、 朝7時半にコースへ到着。早速練習場へ

 

先週はツアーが無かった為選手のコース入りが早い。全日空でオーダーを貰った選手が続々やって来る。

O.Kプロにバックアップ(スペア)のFC-614#3と新たにオーダーを貰ったFC-614#7を渡す。流石に7番は弾道が高い!!決してスピン量が多い訳では無いのだがラインが出にくいか・・・
「この間は北海道だったから良かったのかな?かなり球が高いよね?」とOプロ

確かに北海道は洋芝で球が常に沈んだ状態なので丁度良かったのかも知れない。
「でもラフならショートウッドの方が良いでしょ!」と今週以外の試合も視野に入れたセッティングを考えているようだ。

T.Tプロにバックアップを持っていくと既にFC-614がバックに入っていない(T_T)
「最近試合で使うとチョットヘッドが軽く感じて・・」との事。バランスを重くしたものを再度製作することに。

1番ティーに行くとM.Rプロが。直ぐにクラブを取りにダッシュ!
「ありがとうございます!コースで試してきますね!」とそのまま練ランに持っていってもらうことに。

T.Nプロに依頼されたクラブを渡す。
「少しグリップが太い気が・・・球は悪くないですよ!やっぱりSYBは飛びますね!コースで試してきます!」との事。
「そういえばS.Eプロがやっと良い3wにめぐり合えたと絶賛してましたよ!」と嬉しい報告。

全日空でドライバーを軽くして合わせた3wを渡したM.Tプロが「Tipカットした3wを作って欲しい」との依頼が。次回までに作っておくことに。

I.Sプロが「SYBにアイアン型のUT有ったよね?4番アイアンが欲しいんだけど」と聞かれMC-700の4番をテストしてもらう事に。シャフトはDMGS200。通常の4番アイアンよりも球は高くUTよりも球が強い。
「やっぱり良いね!シャフトもこのままでも悪くは無いけどどうかな?」と聞かれたので「重心距離が特別他のアイアンと比較しても長すぎないので他のアイアンと合わせた方が良いですよ。」と説明し作成して送ることに

今週の三好はラフが物凄く長いようでチョットでもラフに入れたらボールを捜すのに大変!

9月26日(水) 晴れ 28度

本日はプロアマ。トップスタートが7時半の為6時半にコースへ到着(眠)

 

M.Nプロが練習をしていた。
「結局Tipカットしていない方がタイミングが合うみたい!」との事。元々Mプロはトップでシャフトの撓りを感じながらダウンスイングに入るのでシャフトが撓らないと気持ちよく振れないタイプなので2本試して自分のタイミングが判ったようだ。

M.Hプロも練習をしていたが今週もラフの深さを考慮してMC-700の3番では無く7番ウッドの様子(涙)

プロアマ組みを見送り練ラン組みがやって来た。

N.Kプロが「前に貰った(ダイヤモンド)SYBの3w良いんですけどもう少しシャフトが重いのと顔が右向いてるの無いですか?」と聞かれCPFwプロトをテストして貰った。
「このシャフトってCP02の重いタイプですか?CP02は良いシャフトですよね!なかなかこんな撓り方するシャフトないですもんね!」と言って試打開始。
重さは良い感じ。「このシャフトの撓りが良いです!これ42.5インチですけど44インチで作れます?バランスはその分重くて良いんですけど。ヘッドはこれで!」とリシャフト依頼。早速ゴルフギャラリーさんのバスでシャフト交換。

Mプロがやって来た。「昨日3wコースでテストしたんですけどチョット球が上がりすぎて飛ばない。」との事。Mプロも北海道でテストしてもらったので野芝(高麗芝)では球が浮きすぎてしまうようだ。13°のプロトタイプで新たに作ることに。

W.Tプロが「ウエイティングなんですけどクラブ試させてもらって良いですか?」との事。3番アイアンの替りでアイアンイメージで易しく打てる物を探している様子。MC-700の3番+K's4001(X)を打ってもらう。
Wプロのアイアンはプロゴルファーには珍しく3番が39.25インチと長めの設定。少し試打したMC−700も短いようで「これで長くして作ってもらえます?シャフトも良いですね!これなら楽に球が上がって距離も出ます!」と製作依頼。

C.Jプロに「3wをコースで試してしたい!」と言われドライバーのディアマナS73に合わせてS83を渡しそのまま練ランへ。結果は後日聞くことに。

Tプロが来たのでグリップを細くする為クラブを取りに。その横で練習をしていたS.Yプロが「そのFw打たせて!」とTプロに試打依頼。元々2人ともフェードが持ち球なのでスペック的に似ているので問題が無い。
高弾道で良い感じのフェード。「凄く振りやすいね!打ちやすい。自分のより飛んでるし良いかも!」とTプロのクラブを自分の物の様に上手く打つ。
「T、これ頂戴!(笑)」

T.Tプロが「今週は楽に打てる3番アイアンが必要な感じなんですが試しても良いですか?」との事。Tプロには昨年もMC-700を作って渡してあったのだがシャフトをNS1050からダイナミックゴールドに変えたようでダイナミックゴールドが希望だったのだが3番はK's4001の(X)しかなくこれをテストしてもらう事に。
高弾道で飛距離は220y程。「このシャフトは違和感無く使えますね!飛距離も思っている距離が出ているのでこのまま良いですか?」との事。グリップだけ交換してバックの中に。

Y.Tプロの場合は7番ウッドまで入っているので希望は楽に打てる4番アイアン。MC-700のDMGC200仕様を打ってもらった。
「これは高い球が打ち易くて良いですね!さすがに9番ウッドではスピン量が多くて風の日に使えないから困っていたとの事。すんなりバックの中へ。

今週のチャレンジツアーに出場しているH.TプロからTELあり。「3番ウッドと5番ウッドの飛距離の差があまり無いので何とかならないか?」との事。5番の変わりに7番ウッドしてシャフトををより強い球が出るようにスチールシャフトを入れる事で飛距離に差が出るようなセッティングを勧めた。

来週はまた男子ツアーはお休み(>_<)。次回は日本オープンゴルフ選手権(神奈川県相模原ゴルフ倶楽部)です。

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.30@ANAオープンゴルフトーナメント

ANAオープンゴルフトーナメント
札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース(北海道北広島市)
9月11日(火) 晴れ 25度



今期初の北海道。空は秋模様。例年よりも暑い・・・
今週も月曜日にマンデートーナメントがあり、SYB使用選手はI.Sプロ・T.Tプロ・T.Sプロ・I.Sプロ・K.Yプロ・S.Kプロが出場していた。Iプロが5アンダーで見事本戦出場!

朝7時半過ぎにコースへ到着。荷物をピックアップして練習場へ

昨日Hプロから「S.EプロがFC-614を使いたいと言っていたので練習場で見かけたら声かけて!」と電話があり。直ぐにSプロが使えそうなスペックを探してSプロを待つ。

O.Kプロが「急ぎじゃないですけど3wのバックアップ(スペア)作ってもらえますか?」との依頼。

T.Tプロのキャディーバックを覗くとまたFC-614が入っている。ここ数試合は契約先のスリクソンZ−SteelUが入っていた。 「やっぱりこれだな!」と言われたので「スペア用意しておきます!」

Sプロがやって来た。現在ドライビングディスタンス1位のSプロ、左に行くことがとにかくNG。
ドライバーにTourAD I-65を装着していることもありCP02(X)・ランバックス8X07(X)をテストして貰った。チョット捕まりが悪いようで先の走るタイプのTourAD I-65Type-UとTourADクアトロテッック85(X)を打って貰う。クアトロの方はシャフトが走りすぎて少し捕まり気味。TYPE−Uの方が球が上がり左へも行かず良い様子。「コースで試してきますね!」との事。

M.Nプロから「チョットシャフトが撓って遅れる感じがするのでTIPカットしたいからシャフトをバスへ持ってってくれる?」といわれCP02(X)をバスへ

M.Tプロから「先週新しく作ってもらった3w良いよ!次回で良いから5wも作ってもらって良い?」と5wの製作依頼。

今日は選手の出足が早く殆んど練ランに出てしまっているようで1番と10番が隣り合わせなので暫くその辺りで様子を見ることに

Sプロもハーフターンで1番へ
3wの様子をプロとキャディーさんに聞くと、「かなり良いですよ!何回か打ったけど1発左に飛んだのが気になる程度であとは問題ないとの事。ロフトがもう少しあるのも打って見たい。」との事だったのでラウンド後の練習で打てるようにバスで組み立てをすることに。ロフトが増える分捕まりすぎを考慮してシャフトはTourAD9003(X)に。

練ランを終えたI.Sプロがやって来た。「長いショートホールで風が吹くと5wじゃ怖いのでユーティリティーを試して見たい。」との事。EZ PIARMの17°TourAD UT-85(X)をテストして貰った。
「これは易しくて良いですね!球も強いし。風が吹いたらこっちの方が良いかも!」
試しにTourAD UT-95(X)もテストしてもらったが「チョット重くて振り遅れるね。」とUT-85(X)がバックの中に。
実はIプロもSYBスタンドバックを使用しており先週のSプロに続きレギュラーツアーで2週SYBのバックが登場(^^)v

M.Hプロが練習をしていた。
7番ウッドをテストしているようで3番アイアン(MC-700)を抜くかどうか検討している様子。
北海道特有の洋芝の場合ラフに入ったりライが沈むので結構7番ウッドを今週だけ入れている選手も多い。

練ランを終えたSプロが練習場へ戻ってきた。新しく製作したFC-614#3+TourAD9003(X)をテストしてもらう。
1発目から良い感じのフェードボール。チョット叩いても左に行く気配は無い。「これも良いですね〜困ったな〜明日の練ランでどちらにするか決めます!」と言って2本共にバックの中へ

札幌という事もあり(意味深?)選手・関係者の撤収が早い(それでも5時半過ぎ)。 本日の業務終了!

9月12日(水) 晴れ 22度

本日はプロアマ8時過ぎにショットガンスタートの為7時にコースへ



昨日と同じく1番と10番の間で選手の様子を見る。T.Nプロがプロアマのウェイティングで練習場にやって来た。
(プロアマのウェイティングとはプロアマに参加しているプロが何かあってプレー続行が不可能な場合に交代する為に朝から待機する。)
「何か良いFw無いですか〜?」とTプロ、FC-614#3にTourADクアトロテック85(X)を打って貰う。
Tプロはドライバーにクアトロテック65(X)なので85ではチョット重たい。ロフト的には15°の方で問題が無さそうなので次回に75(X)で再テストしてもらう事に。

Sプロもやって来た。2本のFwを打ってどちらかに決めている様子。「9003(X)の方は絶対に左にはこないけど逆に球が上がり難い感じがするのでI-65Type=Uの方で今週はこっちで行きます!」との事。9003はキープ

Iプロから「ドライバーをディアマナS73(X)に変えたからシャフトを白から青に変えてもらえる?」と言われクルーズさんのバスへシャフト交換の依頼。

Mプロが来て「TokuちゃんディアマナのD73(X)の3wある?ドライバーをD63(X)で1本作ってもらってるからそうなると3wはD73(X)の方が良いよね?」
との事。どうやらドライバーのシャフトを軽くして少し長くしたようだ。丁度Mプロ用に開幕に作ったD73(X)がそのままキープしてあったので良かった。

Oプロが「そういえば7wって在るんですか?」と聞かれたのでFC-614#7 ブルーG8.0(X)を打ってもらった。Oプロのインパクトはロフトが少なくなるので吹け上がらすにマン飛び(驚)250y位は飛んでるかも。ラフからも試打。洋芝でも抜けの問題は無さそう。「7番も良いじゃないですか!これ使っても良いですか?」とバックの中に納まる。

M.Rプロが「O先輩が大絶賛しているFwを打たせてもらっても良いですか?」と614の試打依頼。ドライバーがクアトロテック75(X)なのでクアトロテック85(X)と今使っているFwのシャフトのTourAD PT-7(X)と2本テストして貰った。
PT-7の方は13°(プロトタイプ)の方なので球が上がらずチョット右へ。「これはロフトが無くて厳しいです。」
クアトロ85の方は「ロフトがあって球も上がるし強いですね!飛ぶし!でもチョッシャフトがト硬く感じる。このままでも悪くは無いけど・・・」との事。次回15°でPT-7で組んで再テスト予定。
プロアマが終わったMが昨日TIPカットして組んだドライバーを持って練習場にやって来た。「TIPカットしたのも良いよ!どっちも捨てがたいね〜ただ言えるのはCP02最高って事。」と

隣に居たH.Kプロも「CPはホント良いシャフトだよね!無くさないでね!」と微妙なコメント(汗)

4時半過ぎになりそろそろ帰り支度を始めようとしていた矢先にH.Yプロの3wに異変が
なんとヘッドが抜けかけていることが判明。
他のメーカーさんがどんどん帰ってしまう中その場に居合わせた(?)のでFC-614を急遽テストすることに。ドライバーのシャフトはフジクラさんのSIX60プロトタイプなのでスピーダー757の13°を打って貰った。先週もFC-614を打ってもらっているので動きの少ない757はHプロのタイミングにピッタリ。
「明日はこれを使います!助かりましたよ!」と一安心。遅めの飛行機を予約してあって良かった(^^♪

今週はこれにておしまい。1週空いて次回はコカ・コーラ東海クラシック(愛知県)です。サンケイに続き石川遼くんが出場予定。 また警備大変かな?

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.29@サントリーオープン

サントリーオープン
総武C総武C(千葉県印西市)
9月3日(月) 晴れ 29度

今年で最後のサントリーオープン。歴史の長いトーナメントなので来年から無くなってしまうのは寂しい・・・



本日はマンデートーナメント
自宅から15分で行けるため3年連続で船越プロのキャディー。SYB使用者は船越プロ・Y.Tプロ・S.Tプロ・Y.Sプロ・O.Dプロ・K.Mプロ・Y.Nプロ・A.Tプロ・H.Gプロが出場。

朝一番にKプロに会って「Toku〜EZ PIARM今日バックに入れてきたよ!このコースはティーショットで使うからね!」との事。



1アンダーのカウントバックで14名が本戦へ。Sプロ(写真)が2アンダーで見事通過(^^)v。船越プロは残念ながらイーブンで本戦出場ならず(キャディーが悪かったか?)。船越プロの知り合いのプロ達とラウンド後の練習場でプチ試打会&クラブ相談会。

9月4日(火) 晴れ 32度

朝7時半にコースへ到着。早速練習場へ。
M.Tプロが練習をしていて先週依頼されたFC-614#3プロトを渡す。元々打ち出しの高いMプロ弾道の高さには問題が無い。シャフトの撓りが安定した為か球が前に進むようになった。飛距離にして260y位か、 「新しいの良いね!コースで打ってくるけど多分良いと思うよ!」と言ってコースへ

E.Lプロも練習をしていたので先週依頼されたスペックを再テストしてもらった。
チョット捕まり傾向でイマイチな様子。もう少し重いシャフトをテストした方が良いかも・・・

マンデーを通過したSプロから5wの製作依頼が。今週はマンデーを通ったクラブでやるので製作後送ることに。

Sプロスペック
1w PRELITY P5(9.5) CP02(X) 45インチ
3w FC-614#3プロトタイプ CP02(X) 42.75インチ
Iron MC-700 #4〜P K's4001(S)
SYBスタンドキャディーバック2007

H.YプロがE.Lプロが打っているのを見ていて自分も打たせて欲しいとの事。
「僕も2本持っているんだけどSYBのFwは飛びますよね〜!」と言ってリー(L)プロのを打ち出す。距離は250y程。「やっぱり飛びますね!でも個人的にはもう少しシャフトの動きが少ない方が良いかも」との事。

M.Nプロがやって来た。BSさんのNEWドライバーを先週よりもロフトを立ててもらったらしい。先週よりは前に行く感じだが少し球が滑る感じ。「シャフトのフィーリングは良いよ!」との事

9月5日(水) 晴れ時々雨 31度



朝から湿度が高くサウナ状態で動かなくても汗が・・・
サントリーオープンのプロアマもフジサンケイとならんで芸能人が多数出場していてキャラリーの数も多い。プロアマが9時にスタートの為8時にコースへ到着。

練習場へ行くとMプロ・Mプロが練習をしていた。既に練習場にも多くのキャラリーの皆さんが熱心にプロの練習を見ている。

MプロはBSさんの「サイエンスアイポータブル」という簡易測定器のテスト中。ドライバーを計測していたのだがH/S 54m/sで飛距離300y超 \(◎o◎)/!

9時に18ホールから一斉にショットガンスタートなので練習場は一気に誰も居なくなった。今日は午後からの天気予報があまり良くないためプロアマの選手と入れ替わりで練ラン組が練習場へ



Mプロが一番にやって来た。昨日のFwの感想を聞こうとプロに挨拶。
「おー新しいの最高。即エースへ昇格だよ!」と。キャディーさんも「良い感じです!球が強くなって飛距離が出ている。」との事。

天気予報があまりよくない為選手も疎ら、練習場の横にアプローチ・バンカー練習場があるため暫く選手の練習を眺めたり打ち方を質問したり。台風の影響か時々スコールのような雨が降ってきてクラブをギャラリープラザへ非難。

O.Kプロが「今週は13°も有りかなと思って持ってきたんだけどやっぱりエースの15°で行きます!」との事。

昼を過ぎてプロアマ組みが練習場へ戻ってきた。
M.Dプロから「SYBのFw新しいの出来た?5wは最高なんだけどね〜」と聞かれる。元々Mプロはスピン量が多くは無いのでFC-614の3wだとロフトと球の捕まりが難しい。

プロアマの表彰式があったり雨が不規則に降っているのでコースを後にする選手が多いのでS.Yプロ・I.Sプロ・T.Nプロ・F.Yプロの練ランにハーフ着いて歩くことに。今週のコースはグリーンが小さく硬いが転がりが良いのでグリーンに乗ればバーディーチャンス。ただラフがセミラフから2ヤード位が一番長いのでチョットのミスが大きなミスになり易い。また木が大きいので木の上の風が読みにくい。(既にマンデーで経験済みではあるが・・・)

明日から台風大丈夫かな〜
来週は全日空オープン(北海道東広島市)です。

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.28@フジサンケイクラシック

フジサンケイクラシック
富士桜カントリー倶楽部(山梨県河口湖町)
8月28日(火) 晴れ 28度

7月のウッドワン広島以来久しぶりにツアーに。朝7時にコースへ到着。今週は石川遼くんがマンシングウエアKSBカップ優勝以来のツアー参戦との事で警備がいつも以上に厳しい・・・。



昨日行われたマンデートーナメントでは残念ながらSYBユーザーはT.Sプロただ一人の通過。早速練習場へ。今日は日本オープン選手権の最終予選が埼玉県の武蔵CC笹井Cで行われている為選手が少ない。



マンデーを通過したK.Mプロから「5wの替り無い?今使ってる5wの球が強くて3wとあまり飛距離の差が無いので・・・。」との事でEZ PIARMの17°三菱バサラハイブリット105gをテストしてった。
「これ楽だね!球が上がるし距離もそこそこ出ている。チョット練ラン借りて良い?」とバックの中へ。
また3wの下の番手としてウッドを入れるなら7wにしてスチールで組めば球が吹け上がらず距離の差が出ることを説明。契約先のミズノさんの7wを作ることに。

M.Nプロから「持っているドライバーのシャフトを全部CP02に変えて打ってみたい」との依頼が。シャフトをBSさんのバスへ。

P.Mプロが「3アイアンの替りの距離が打てるクラブはどれ?」との質問。EZ PIARMの20°TourADUT85(X)を打ってもらう。少しシャフトが動きすぎて上手く打てていない。三菱バサラハイブリット85(X)に変えるとインパクトが安定し良い感じ。
「これ練ランで試しても良い?」とコースへ

H.Tプロに依頼されていたFC-614#3プロト・FC-614#5を渡す。変更点はシャフト(フジクラランバックスプロトタイプ)の硬さをXからSへ変えた物。
「適度にシャフトの撓りが感じられて良いね!即採用です!」

E.Lプロが「3wを試したい」との申し出が。
FC-614#3プロトにディアマナD73(X)をテスト。
シャフトの重量が軽いようでインパクトが薄め。長さもチョット長いようだ。来週までにディアマナD83(X)で作って再テスト予定。

O.Kプロに「先週(KBCオーガスタ)の最終ホールのセカンド右行ったのはうちの?」と聞くと、「そうです!(笑)」との答えが・・・「頼むよ〜映った時に良いショットしてよね〜!」とお願い。

ドライバーを色々試打していたT.TプロにP5+Tennines Bb01(X)を試打してもらった。
BSさんの契約なので使用することは無いのだがドライバーに悩んでいるようだ。1発目から高弾道のナイスショット!数発打っても特別変なショットは無い。「結構良いですね!僕にはチョット軽いのとロフトが多すぎですけど。」との事。

練ランを終えたMプロの元にシャフト交換を終えた2本のドライバーが。
このところドライバーの調子が悪いらしく元エースシャフトへ戻して見ようと思ったとの事。
早速試打。高弾道・低スピンの理想な弾道。本人も振っていて気持ち良さそう。「やっぱりシャフトはCP02だな!これで新しいドライバーも組んでもらおう」と新たにシャフトの依頼。

明日はプロアマ。

8月29日(水) 曇りのち雨 24度

プロアマのスタートが8時の為、いつもより少し早めの7時前にコースへ到着。今日は少し肌寒い。早速練習場へ。が霧で100y先は見えない・・・



8時からプロアマがスタートし恒例の(?)芸能人チェック!あやや(松浦亜弥)と井上和香を見て練習場へ戻る

Mプロが練習が練習していた。ドライバーの調子が気になる。昨日に引き続き良い様子。本人のコメントも「コースへ出て見ないと何とも言えないけど手ごたえは悪くないよ!」

プロアマ出場選手を見送り、10時を過ぎたところで練ラン組みの選手達がやってきた。チョット雨が降ってきた(-"-)

KプロにEZ PIARMのコースでの感想を聞くと、「いやー凄く良いよ!距離的にも5wだしラインが出せるね。球も強すぎないし。でも今週は新たに作った7番ウッドの方が濃厚かなこれでもシッカリ打てば250y飛ぶよ!でもコースによってはEZ PIARMも有りだね。強く打っても左に行かないのが良い。」と結構お気に入りの様子。

昼過ぎになり石川遼くんが練習場へやってきた。雨の中多くのギャラリーの皆さんが遼くんの練習を見ている。

そんな遼くんの隣で練習をしていたM.Tプロから「スペアを作って欲しい。最近ドライバーが大きくなったからFwも合わせて少し大きくした方が良いでしょ?」との依頼が。少々シャフトがしなり過ぎてる感じなのでバランスを軽めにしてTIPカットして製作する予定。

Mプロが10番のティーショットを終えて歩いているのを発見しキャディーさんにドライバーの様子を聞く。「球は綺麗に飛んでいるんだけどイマイチ距離が出ていない」との事。プロアマ終了後にチェックしてみる。

練ラン組のスタートを1番ホールで数組見送る。K.S君・I.Y君・N.R君・S.S君の学生組みのティーショットを見学。既にショットはプロ並み!これは社会人が一緒にアマチュアの試合で戦うのは厳しいなぁ〜。S.Yプロ・I.Sプロ・T.Nプロ・U.Yプロを見送って練習場へ戻る

Mプロがプロアマを終了して練習をしていた。
。心配していたドライバーだが思ったより飛距離が行っていなかったのはBSさんの新しいヘッドで組んだものだった様子。まだそのヘッドはテストだったのでもう少しロフトの少ないヘッドで組むことに。「やっぱりシャフトはCP02が1番良いよ!これしかないね!」とMプロ

5時半を過ぎ雨脚が強くなってきて今週の仕事は終了。来週はサントリーオープン(千葉県総武CC総武C)、月曜日は船越紀之プロのマンデーのキャディーをやります!

TOP OF PAGE