SYBツアー情報


2006年前半バックナンバーはこちら
2006年後半バックナンバーはこちら
2007年前半バックナンバーはこちら
2007年後半バックナンバーはこちら

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」番外編 vol.41@シャフトテスト編

今日はシャフトテストの為都内の練習場へ

 

NEWフェアウエイウッド「W411V」にマッチするシャフトを製作する為に試打に来ました。
今回のシャフト試打は「W411V」のターゲットユーザーはEGNAHCVと同じように「球が上がらなくて飛距離が出ない」方や「番手ごとに飛距離の差が欲しい・FC-614ではチョット厳しい」方などに向けた商品になります。

EGNAHCVに装着されている「TourAD SLシリーズから繋がりの良いシャフト」を開発コンセプトに掲げ開発に取り組んでいます。

 

このように(株)コンセプトでは開発中の製品を全てヒューマンテストをして商品を製作しています。
また特注で対応しているシャフトにおいてもヒューマンテストをし、よりマッチングの良い物を採用すると言う形を取っています。

 

もしかしたら皆さんにテストをお願いする可能性も・・・

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」番外編 vol.40@ジャパンゴルフフェア2008

2月22・23・24日(金・土・日)

ジャパンゴルフフェア2008@東京ビックサイト西ホール

今年も「ジャパンゴルフフェア」に出展致しました。沢山のご来場ありがとうございました!




Tokuも3日間会場へ行きショップさん・ユーザーさんへの商品の説明・来場していたプロへのご挨拶や・他メーカーさんへの挨拶回りで忙しくしておりました!

3日間スーツを着ていたのでショップさんやプロの方に「いつもと雰囲気が違うね〜」と(;^^A

さて肝心の(株)コンセプト今春の新商品は先日もレポートしましたフェアウエイウッド「W411V」と「SYBツアーキャディーバック」になります。

お陰さまで「W411V」「SYBツアーキャディーバック」共に実際見て頂いたショップさん・ユーザーさんからは好評でした!

キャディーバックは限定品の為、お早めに!!

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」番外編 vol.39@試打会編

ツアーも終わりプロの皆さんはオフシーズンになりました。しかーしツアーレップにはオフシーズンはありません。
先日は広島の試打会のお手伝いに行ってきました!



会場は広島市内から少し離れた海田町にある道祖園ゴルフセンターさん。高台にある為、景色は最高。今回の主催ショップさんは道祖園ゴルフセンターさんに入っている「プリングルス」さん。

 

お陰さまで朝から盛況(嬉)。 新発売されたEGNAHCVが「球が上がる!捕まる!飛ぶ!」と好評!
ヒッタータイプの方にはTENNINES GDB55、スインガータイプの方には TourAD SL-5がお勧めです!

また今回はFwを多く持って行きました。何故か?市販されているFwの多くがシャフト重量が軽すぎる為、上手く打てていないお客様が多いのです。この辺りにツアーでのフィードバックが生かされています。
例えばドライバーのシャフト重量が60g台だとすると50g台のシャフトの付いたFwでは「トップ・引っ掛け」のミスが多く出てしまいます。

Fwはドライバーよりもヘッドが小さく(重心距離も短く)クラブ長も短い。よって「振れ過ぎ」て上記のようなミスが多くなります。
そこでFwの試打クラブをシャフト重量で分けて用意しお客様のドライバーのシャフト重量よりも重めのシャフト(ドライバーに重量的な問題が無い場合)をしだして頂き、現在お使いのFwと比較してもらいます。

ツアーでも試打会でもやる事は同じです。
ただ試打会のお手伝いをしていて思うことはお客様のクラブに統一感が無いこと・・・

統一感とは別にメーカーは揃えるって事ではありません!大事なのはヘッドの機能・クラブの総重量。
この流れが出来ていないと同じスイングをしても球筋が揃わなくなります。
あと思うことはロフト・硬さはハードスペックなのに総重量は軽過ぎる方が多いです。(特にウッド類)

軽過ぎるクラブは何故駄目なのか?

クラブに限らず人が物を持ち上げる時に軽いものは「手」のみで持ち上げられます。反対に重過ぎる物は持ち上がりません。クラブも同じです!軽すぎても手打ちになってしまい、また重すぎても振り遅れやダフリのミスが出ます。「振り切れる範囲で1番重たい物」が「飛距離・方向」共に安定します。
軽いクラブに変えた時はまだ重たいクラブのスイングが残っているので「振りやすい・ヘッドスピードが上がった・飛ぶ」となります。やがて軽さに慣れてしまうと手打ちになり「飛ばない・曲がる」になってしまいます。

コンセプトの試打会はただ新製品を打ってもらうだけでなくクラブ相談なども行っております。 お近くで開催の時は是非ご参加下さいね!

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」番外編 vol.38@「W411V」をプロが試打

今日は(株)コンセプトのNEWフェアウエイウッド 「W411V」 の試打を船越紀之・宮内希幸プロにお願いしました。



両プロ共にFC-614を使用しているので比較をしてもらうことに。

船越プロ
「これは見るからに易しいイメージがあるね!614よりもフェースの高さも低く見えるし。」と言いながら試打開始。
少し捕まり気味で弾道は高め
「凄く上がりやすいね!捕まりも良いし!上手くFC-614と差別化が出来てるんじゃない。打ち出しは高いけどスピン量とかはFC-614と殆んど変わらないね。FC-614が使えなかった人や3番と5番の飛距離に差が出なかった人には良いんじゃないかな?ロフトの設定もFC-614よりも1度ずつ多いし9番までのラインナップが有るからね!」

宮内プロ
「凄く易しいですね!この位の大きさだとドライバーからの流れは良いよね!Fwが苦手と言う人には是非打ってって言いたい程易しい!僕も3wはこっちでも良いかも(笑)」

 船越紀之プロ プロフィール
 宮内希幸プロ プロフィール
 生年月日 1975年11月24日
 所属 成田東カントリークラブ
 使用クラブ 
  P5(11度)+ディアマナD63(X)
  FC-614 #3+ディアマナD73(X)
  FC-614 #5+ディアマナD83(X)
  MC-700 #3・4+DMG-S200
  FC-900 #5〜P+DMG-S200
 生年月日 1975年12月20日
 所属 アクアラインゴルフクラブ
 使用クラブ
  P5(9.5度)+TourAD PT-7(X)
  FC-614 #3+TourAD PT-7(S)
  FC-614 #5・7+TourAD PT-8(S)
  BM-500 #4〜P+K's4001(S)

TOP OF PAGE