SYBツアー情報


backnumberもご覧下さい
               
2009 前半 2007 後半 2007 前半 2006 後半 2006 前半 番外編

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 号外@カシオワールドオープン

W411v ツアーを制す!
11月26日から高知県のKochi黒潮カントリークラブで行われていた男子ツアー「カシオワールドオープン」に於いて、W411v使用の選手が優勝しました!

スペック
W411v#3ドット+ランバックス7Z08(X)

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 号外@サンロイヤルGCカップ

SYBチャレンジツアー今期6勝目

10月8〜9日まで兵庫県のサンロイヤルGCで行われていたチャレンジツアー「サンロイヤルGCカップ」に於いてSYB使用の選手が18番ホールの奇跡のイーグルで逆転優勝!

なんと今期10戦終わったチャレンジツアーでSYB 6勝目

優勝者スペック
FC-614#3+ランバックス8Z08(X)

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 号外@Frys.com OPEN(USPGA TOUR)

SYB USPGAツアー初優勝!

10月22〜25日までアメリカ アリゾナ州 Grayhawk Golf Club で行われた男子PGAツアーフォールシーズン
「Frys.com OPEN」 に於いて W411v #3ドットを使用している選手が優勝

SYB USPGAツアー記念すべき1勝目

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.78@コカ・コーラ東海クラシック

コカ・コーラ東海クラシック
三好カントリー倶楽部西コース(愛知県三好町)

●9月28日(月) 天気 曇りのち雨 気温26度



今日はマンデートーナメント
プロ106名アマチュア25名でプロが7名アマチュアが2名と狭き門
マンデートーナメントは試合で使用する西コースではなく東コース
距離も無い為に例年はハイレベルなバーディー合戦
今年はグリーンが難しかったようで4アンダーのカウントバック



SYB使用選手は
N.Tプロ・Y.Mプロ・井上忠久I.Tプロの3名が見事に通過(^^)v

●9月29日(火) 天気 曇り 気温26度



7時にコースへ到着
今日の天気予報は午後から下り坂
選手も入りも早め

麻倉JGTOチャレンジでチャレンジツアー2勝目のK.Kプロがやって来た。

またまた「おめでとうございます!」とガッチリと握手
「今回もSYBに助けられたよ!ホントに良いクラブ。」と嬉しいお言葉

先週依頼されていたH.LプロにEZ PIARM#20+TourAD UT85(X)を渡す。
「イツモアリガトウゴザイマス!ラウンドデテストシテキマス」

O.KプロがW411v打っていたので話しかける
Toku「だいたい何ヤードまでなら狙えるの?」
プロ「場合によっても違うけどこの3w(W411v)で乗せた最長は279ヤード!」と驚きの距離

スタート10分前になってH.Lプロのキャディーさんが練習場に戻ってきて「ハーフターンの時で良いので5wに入れているシャフト(モトーレF1 85Jプロト)で3w作って貰って良いですか?」と製作依頼。
直ぐにバスにて組み立て作業。



30分後出来上がったクラブをハーフ待つよりも届けた方が早いと思いコースへ
2番のセカンド地点で追いつきクラブを渡す。
丁度ロングホールのセカンド地点ではあるが、打つにはまだ不安
「もう出来たの??早くない(笑)アリガトウゴザイマス!」とプロとキャディーさん

そのまま結果が見たいので一緒に付いて歩くことに
以外にアップダウンがキツイ(>_<)

3番のティーショットでドライバーと3wと両方でティーショット
3wで打った方でも他の選手のドライバーと同じ飛距離
キャディーさんが「球が強くなって良い感じです!」
プロも「グ〜!」
と1発目の感触は良いようだ。
7番ホールのロングのセカンドでまたテスト
フロントエッジまで250ヤード+登り10ヤード。
アップヒルの為左を警戒したのかやや右目ではあるが十分グリーンには届いていた。

8番ホールは230ヤードのショートホール
EZ PIARM#20のショットは僅かにグリーン手前のバンカーへ
こちらもコースでの1発目にしては満点ショット(^^)v

M.Nプロがキャロウエイ社のNewドライバー「レガシーツアー」をテストしている。
シャフトは勿論CP02(^^)v
「この組み合わせはヤバイな〜」と強い球で250yのネットの上段へ突き刺さっている・・・
「今週はこれだね!」とバックの中に

●9月30日(水) 天気 雨 気温22度

本日はプロアマ
朝6時半にコースに到着
朝から雨・・・



K.Sプロが練習中
ドライバーにグラファイトデザイン社のNEWシャフトTourAD DIシリーズをテストしている。
ややスピン量が少ないようだが本人の感触は悪くない様子。
「今度このシャフトで3w作って貰って良いですか?」と新しいシャフトでオーダー。

I.T選手が練習中
「いつも5wは完璧って言ってくれるけど打ってるの見たこと無い!」とリクエスト
軽いフェードで220y位か
何度打っても同じ球筋
「ね!良いでしょ!」とプロ



来週はキャノンオープン(神奈川県戸塚CC)です。

今週の使用者(未確認も含む)
N.Tプロ

W411V#3ドット+マトリックスオジック7(X)
K.Tプロ

テーラーメイド社r7 425+CP02(X)
H.Lプロ

W411v#3ドット+TourAD EV7(X)
EZ PIARM#20+TourAD UT85(X)
O.Kプロ

W411v#3ドット+ランバックス7Z08(X)
M.Nプロ

キャロウエイ社 レガシーツアー+CP02(X)
K.Sプロ

W411v#3ドット+TourAD MD7(X)
Y.Mプロ
BS社 X-DriveFw#3・5+CP02(X)
E.Lプロ
FC-614#3プロト+ディアマナKai'li80(X)
K.Tプロ
FC-714#3(13)+ディアマナ’ilimaプロト(X)
I.Tプロ
FC-714#5+TourAD SF9(X)
K.Kプロ EZ PIARM#23+Ns1050GH(S)

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.77@パナソニックオープン

アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン
城陽カントリー倶楽部東・西コース(京都府城陽市)

●9月22日(火) 天気 曇り 気温27度



今週はアジアツアーとの共同開催
日本選手もシード権を持っていても出場できない程なので出場選手も普段とは大きく異なる。
朝7時にコースへ到着
なんと今日がプロアマ・・・
その為朝のうちは選手が少ない
使用していないホールを練習場としている為に打席も少ないので10時頃には練習の選手で満員



DEMOクラブを練習場の入り口に置いているとL.WプロがEZ PIARMを見ている。

「5wや2番アイアンの変わりって何度??」と聞かれたので
17度のTourAD UT85(X)をテストしてもらう。
少し重いのとシャフトのタイミングが合わない様子で球が右に出てしまう。
「もう少し軽いシャフトは無い?」というリクエストだったのでRED−G J08(X)のクラブを打ってもらうと明らかに良い結果に。
「これは易しくて良いね!今週は狭いしアップダウンが厳しいからコースで試してみたい。20度も打っても良いか?」と言うので20度の方は少し粘りのあるランバックス90HB(X)でテスト。
こちらも感じは悪くない様子で2本のクラブがバックに収まった。



練習が終わり帰り際にM.Mプロがやって来て「Fwを明日のラウンドて打って見たいんだけどどのシャフトが良い?」と聞かれMプロは度々日本の試合も出ているのでドライバーのシャフト重量より重めのTourAD EV8(X)のFC-714#3(13)を明日のラウンドに持っていってもらうことに。

●9月23日(水) 天気 曇り 気温27度

今日は練習日
朝7時にコースに到着

マスター室で練習ラウンドのスタート時間を見ていると既にMプロはスタート済み
早いスタートはアジア勢ばかり



Mプロがラウンドを終えて練習場に戻ってきた。
「少し重たいので軽めのシャフトはある?」との事
TourAD EV7(X)とTourAD DI7(X)を打ち比べて貰う。
DIの方は少し手元側がしなる感じでヘッドが上から入ってしまい球の高さがバラバラ。EV7の方が切り返しのタイミングが合っており飛距離・方向性共に安定している。
打ち下ろしの練習場の為ハッキリとした距離は判らないが260yは飛んでいる様子。

「こっち(EV)の方が良いね!グリップ変えてもらえる?」とバスにてグリップ交換。

H.Lプロが「3番アイアンの替わりになるクラブありますか?先週3番アイアンを使ったホールで全部ボギーなんで・・・」との事
EZ PIARMの#20+ディアマナThump(X)とTourAD UT85(X)をテストしてもらう。
ディアマナThumpの方は少し重いのか厚めにインパクトしてしまうので飛んだりと飛ばなかったり
一方のTourADの方はインパクトが安定しているので良い様子。「今週は大丈夫なので来週グリップ変えて持ってきてもらえますか?」との事



今週は静かだった・・・(^_^;)
来週はコカ・コーラ東海クラシック(愛知県三好CC)です。

今週の使用者(未確認も含む)
O.Kプロ

W411v#3ドット+ランバックス7Z08(X)
M.Nプロ

キャロウエイ社 レガシー+CP02(X)
K.Tプロ

FC-714#3(13)+ディアマナ’ilimaプロト(X)
K.Sプロ

W411v#3ドット+TourAD MD7(X)
H.Lプロ

W411v#3ドット+TourAD EV7(X)
*M.Mプロ

FC-714#3(13)+TourAD EV7(X)
*L.Wプロ
EZ PIARM#17+REDGJ08(X)
EZ PIARM#20+ランバックス90HB(X)

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 号外@麻倉JGTOチャレンジV

SYB 今期チャレンジツアー5勝目!

9月17〜18日に千葉県の麻倉ゴルフ倶楽部で行われていた「麻倉JGTOチャレンジV」に於いてSYB使用の選手が6ホールのプレーオフを制して優勝。
また惜しくもプレーオフで敗れてしまった選手もSYBを使用。
1・2フィニッシュを飾りました。

優勝プロスペック
  EZ PIARM#23+NS1050GH(S)

2位プロスペック
  FC-714#3(15)+TourAD EV7(X)
  FC-714#5+TourAD EV8(X)

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.76@麻倉JGTOチャレンジV

麻倉JGTOチャレンジV
麻倉ゴルフ倶楽部(千葉県佐倉市)

●9月16日(水) 天気 晴れ 気温27度



今週はレギュラーツアーのANAオープンへは行かずチャレンジへ
ANAオープンのマンデーでもSYB使用選手が何名か見事に本選への出場権をゲットしている。
朝7時にコースへ到着
選手から依頼されたクラブを持ってクラブハウスへ
練習場は250yと広いのに選手の練習はアイアンのみに限定されていた・・・(>_<)



パターグリーン居たI.Tプロを発見
依頼されていたFC-713#3(15)を渡す。
「いや〜5wはメッチャ良いんやけど3wが中々思い通りに行かなくてね〜コースで打ってくるね!」
と言いながら1番ホールのティーショットで試し打ち。
フェードボールが持ち球のIプロ
軽いフェードでフェアウエイ右サイド
「おっ 今回のは良いんじゃない!!」とそのままコースへ

ミズノよみうりでW411v#3ドットとFC-714#5を製作したU.Hプロから麻倉の前に「3wが少し吹き上がってしまうので714を試してみたい」との依頼があり、スタート前のUプロにFC-714#3(15)を渡しW411vと打ち比べてもらうことに



I.S)プロに依頼されてたFC-714#5を渡してコースで試してもらうことに

Y.Tプロが「房総から使ってるUT(EZ108#2)なんだけど7番ウッドより飛んじゃう!下の番手ってあるの?」との事。早速21度の#3uをコースで試してもらうことに

先のエバーライフチャレンジで見事に優勝したK.Kプロが練習グリーンにやって来た。
優勝してから初めて会うので「おめでとうございます!」とガッチリ握手
「いや〜SYBが大活躍だったよ!お掛け様で優勝出来ました!」と嬉しい報告



K.Hプロから「Tokuちゃん3w良いんだけど球が強すぎるから15度の方も作って貰って良い?」と追加のオーダー

W.Tプロからも「フェアウエイ良いですよ!7番ウッドもお願いして良いですか?」と追加のオーダー

10時過ぎにH.YプロとN.Kプロの2人のSYB使用選手が一緒に練ランをするというので一緒にコースへ

麻倉ゴルフ倶楽部は開場してまだ1年未満の新設コース
ホールをセパレートしている木が大きくとても新設とは思えないほど
未勝利ながらチャレンジ賞金ランク7位につけているHプロ引き続き調子は良いようでFC-714でのショットも絶好調(^^)v
Nプロも「SYBのフェアウエイ良いですよね!上がりやすいのに飛距離も出るし♪」

途中でラウンドを終えたIプロから電話が
「今回の3w良かったよ!初日の成績次第では2日目に投入するかも!」との報告

ラウンド後の練習場でIプロが練習をしていたので5wの様子を聞いてみると「良い感じで飛んでたよ。球は強めだけどグリーンで止まらない程強くないし。もう少し打ってみて投入するか決めるね」と結果は上々



次回はパナソニックオープン(京都府城陽CC)です。

今週の使用者
T.Yプロ

FC-614#3プロト+TourAD PT9(X)
U.Hプロ

FC-714#3(15)・5+TourAD PT7・8(S)
Y.Tプロ

EZ108#3u+ディアマナThump(X)
T.Sプロ

FC-614#3プロト+CP02(X)
K.Kプロ

EZ PIARM#23+NS1050GH(S)
S.Eプロ

FC-614#3+ランバックス8Z08(X)
C・キャンベル(C.C)プロ
FC-614#3+TourAD M85(X)
W.Tプロ
FC-714#3(15)・5+ディアマナKai'li70・80(X)
EZ108#3u+ディアマナThump(X)
N.Tプロ
PRELITY P6(9.5)+ATTAS7(X)
EZ PIARM #20+ATTASプロト(X)
I.Tプロ
FC-714#5+TourAD SF9(X)
K.Hプロ FC-714#3(13)・5+ディアマナKai'li70・80(X)
N.Kプロ FC-714#3(13)・5+モトーレF1 75J(S)
H.Yプロ FC-714#3(15)・5+TourAD EV7・8(X)
N.Tプロ W411V#3ドット+マトリックスオジック7(X)
O.Hプロ EZ PIARM#23+NS1050GH(S)

Tour Support "toku" の 「SYB Tour Report」 vol.75@フジサンケイクラシック

フジサンケイクラシック
富士桜カントリー倶楽部(山梨県富士河口湖町)

●8月31日(月) 天気 雨 気温17度



本日はマンデートーナメント
台風の影響で朝から土砂降り・・・しかも寒い

スタート表を見るとSYB使用選手が多い

ラウンドを終えた選手と話をしていると皆口をそろえて
「いや〜コースが長い・・・雨で飛ばないし」と
タフなコンディションでカットラインも下がりそう

Mプロも上がってくるなり「通過出来るスコアでは無いですけどEZ PIARMが大活躍でした!来週の日本オープンの最終予選頑張ります!」
とセカンドショットが200y前後残ってしまうホールが幾つかあるらしい。



5組を残してカットラインは5オーバーのカウントバック
ところがその5組のうち8名が好スコアをマークしてカットライン内へ入ってきた。

結局+3のカウントバックで12名が本選に
船越プロ・Fプロ・Kプロの3名が見事にマンデー通過(^^)v

マンデー使用者
船越紀之プロ

PRELITY P6(11)+ランバックス6Z08(X)
FC-714#3(15)+ランバックス7Z08(X)
FC-614#5+ランバックス8Z08(X)
FC-614#7+CPFwプロト(X)
EZ PIARM#23+ランバックス90HB(X)
FC-900Tour#5〜Pw+プロジェクトX(6.0)
SYB2008年キャディーバック
F.Nプロ

FC-614#3プロトタイプ+Z-COM MW74(X)
FC-614#5+Z-COM MW84Pro(X)
S.Eプロ

FC-614#3+ランバックス8Z08(X)
M.Nプロ

PRELITY P5(9.5)+TourAD PT7(X)
FC-614#3+TourAD PT7(S)
FC-614#5+TourAD PT8(S)
FC-614#7+TourAD PT8S)
EZ PIARM#23+ディアマナThump(X)
FC-900Tour#5〜P+DMGS200
SYB2008年キャディーバック
T.Sプロ

FC-714#3(13)+ATTAS7(X)
FC-714#5+ATTAS8(X)
FC-714#7+TourAD SF8(X)
Y.Tプロ

PRELITY P5(9.5)+TourAD MD7(X)
FC-614#3・5+TourAD I-65TypeU(X)
A.Sプロ

FC-714#3(13)・5+TourAD PT7(X)
I.Tプロ

FC-614#7+ディアマナD73(X)
K.Tプロ

r7 425+CP02(X)
T.Sプロ
Z-TX+CP02(X)


●9月1日(火) 天気 晴れ 気温28度

天気が一転して今日は台風一過でお天気
気温も高くなる予報



朝7時前にコースへ到着
M.Dプロに
「もう少しロフトのある3wってある?あったら1本組んで欲しいんだけど!今のも良いんだけどもう少しロフトがあっても良いかなと思って。」との事
リアルロフトの多いヘッドを探して組んで夕方渡すことに

9時半スタートの船越プロの組に付いてハーフ歩くことに



今年の富士桜CCは昨日の雨の影響もありグリーンが例年よりも柔らかい
高低差が結構あるので昨日のマンデーでは打ち上げホールは球がドロップして飛ばなかったのが解る
船越プロも「P5の方が強い球で飛んでいくので良いんだけどあの雨ではドロップが怖いからP6にしたんだよ。それでマンデー通ったから本番もP6だけどね。」とのこと

一緒にラウンドしているFプロも「結局色々Fw試したけどSYBが良い!新しいの(FC-714)も良いんでしょ?」
とラウンド後にテスト予定

ハーフを終えMプロのクラブを製作しにバスへ

クラブを作って練習場へ戻ると船越プロ・Fプロがラウンドを終え練習場へ

FプロにFC-714をテストしてもらった。
Fプロはドライバーにモトーレスピーダーを装着しているので同じシャフトでテスト
「614と同じロフトなのに球が上がるね!打ちやすくなったよね。シャフトもドライバーに合わせてこっち(モトーレ)に変えたほうが良いかな〜今週は今までの614で行くから後で作って下さい!」と好評

ラウンドを終えたMプロも練習場へやって来たので出来上がった714を持ってプロの元へ
「お〜ロフトが付いたね〜。」と言いながら球を打つ。
今まで使用している714と比べるが明らかに今日作った方が球が高い。リアルロフトで0.3度^_^;

「新しい方もう少し開いて組める??」
とまた新たな注文が・・・
今日中に作業して明日のプロアマにテスト出来るようにバスにて再調整

●9月2日(水) 天気 曇り 気温20度

本日はプロアマ
7時前にコースへ到着
またまた天気が一転して今日は寒い・・・



Mプロが練習中
昨日の夕方に再調整した3wを打っている
「顔向きも良くなったし良いよ!今週はこれで行きます!」
Mプロ・Kプロ・Oプロを見送って
練習の選手が続々と練習場へやって来た。

H.Lプロが練習をしていたので先週のバナH杯KBCオーガスタに送った微調整したクラブについて話をすると
「スゴクヨカッタデス!先週から使ってます。アリガトウゴザイマシタ。」

来週はオープンウィークですが日本オープンの最終予選会が茨城県の茨城ゴルフ倶楽部で行われます。
SYB使用選手も多数出場するので頑張って日本オープンの出場権利をゲットして欲しいものです。

次回は全日空オープンをお休みしてチャレンジツアーの麻倉JGTOチャレンジ(千葉県佐倉市)です。

今週の使用者
船越紀之プロ

PRELITY P6(11)+ランバックス6Z08(X)
FC-714#3(15)+ランバックス7Z08(X)
FC-614#5+ランバックス8Z08(X)
FC-614#7+CPFwプロト(X)
EZ PIARM#23+ランバックス90HB(X)
FC-900Tour#5〜Pw+プロジェクトX(6.0)
SYB2008年キャディーバック
F.Nプロ

FC-614#3プロトタイプ+Z-COM MW74(X)
FC-614#5+Z-COM MW84Pro(X)
K.Tプロ

r7 425+CP02(X)
H.Lプロ

W411v#3ドット+TourAD EV7(X)
E.Lプロ

FC-614#3プロト+ディアマナKai'li80(X)
O.Kプロ

W411v#3ドット+ランバックス7Z08(X)
M.Nプロ

レガシー+CP02(X)
S.Jプロ

FC-714#3(13)+ATTAS8(X)
K.Tプロ

FC-714#3(13)+ディアマナプロトタイプ(X)
M.Dプロ
FC-714#3(15)+ディアマナKai'li80(X)
K.Sプロ W411v#3ドット+TourAD MD7(X)

TOP OF PAGE